エコ楽住宅

リフォームするならエコ住宅へ 『はじめようエコ生活』♪ リフォーム・オール電化・太陽光発電についての情報サイトです。

リフォーム注意点

リフォームは、その場所場所において注意するべき点などがあります。

ここでは、一般的な観点から見て気をつけて考えた方がよい点をご紹介します。

トイレのリフォーム

一般的にトイレのリフォームは、便器の交換、和式トイレを洋式トイレに変えるなどが考えられます。地域によっては、下水工事に伴ってトイレのリフォームを考えている方もいるのではないでしょうか。 現在和式トイレの方は、高齢になってからのことや安全面、使い勝手からいうと洋式トイレのほうが、さまざまな点で優れているといえるでしょう。 トイレの便器についてですが、便器の価格は、グレードによってかなりの開きがありますが、およそ便器の交換の場合、便器代プラス20万円程度の工事費でできると考えられます。しかしながら、多くの場合、一緒に内装を換えたり、手洗い器をつけたりする場合がありますので、そのための費用は追加でかかることになります。 また、和式トイレから洋式トイレに変更する場合は、配管の変更やトイレ内の段差を無くす工事などが必要になってきますので、その分上乗せされてくることを念頭に置かなければなりません。

洗面所のリフォーム

洗面所のリフォームの場合、洗面化粧台のグレードが価格を大きく左右する要因となります。使い勝手から言うと洗面所で使うものの収納スペースがしっかりあるタイプがお勧めですし、朝、同じ時間に準備などをする家族が複数いる場合は、蛇口が複数あるタイプにすると便利です。 また、洗面化粧台を変更する際に設置場所を変更する場合は、給排水管などの移動や電気配線工事が必要になりますので注意してください。

キッチンのリフォーム

キッチンは家事の一番大事な場所であり、長時間働く場所でもありますから、動きやすくて使いやすい、明るく快適な空間つくりを考えましょう。 まず、エコキッチンリフォームの場合、ダイニングとの関係を考えてどのタイプにするか、決めなければなりません。 キッチンには、ダイニングスペースの一画に設けるオープンタイプ、ダイニングに対面する形で設置する対面式タイプ、そしてダイニングと独立させた独立タイプ。 最近の主流は、対面式タイプとなっていますが、対面式やオープンタイプは、家族との会話をしながら調理や後片づけができるというメリットがありますが、ダイニングからキッチンが見えてしまう、収納が少なく、においや煙が広がりやすいなどのデメリットもあります。 独立タイプは、キッチンが個室になっているので、においや煙も気にならないですし、収納スペースも沢山確保することが可能です。しかし、ダイニングとの行き来など不便さはあります。 キッチンのリフォームの場合、費用の大半を占めるのが、システムキッチンとなります。どんな仕様になっているか、また、オーブンや食器洗い機などが付いたタイプになりますと高額になってしまいます。本当に必要な設備を充分に考えて仕様を選びましょう。できる限り、メーカーなどのショールームで実物をチェックするとトラブルが発生することもなくなります。 システムキッチンの設置費用は、一般的に商品代金の一割程度と言われていますのでおよその参考にしてください。

リビングのリフォーム

リビングは、家族が最もよく利用するスペースです。それだけに、家族みんながくつろげて、居心地のいい空間にしたいものです。 リビングのリフォームで最も多いのが、ダイニングとキッチンを一体型にしたLDKにするタイプです。主婦が料理をしながらリビングで遊ぶ子どもに目が届くなどメリットが沢山あります。なかには、来客時にキッチンを見られることを嫌う方もいますが、その場合は、対面式にすれば多少解消されます。 場合によっては、開閉できる間仕切りを設置すれば、家族といるときは開けておき、来客時には閉じておくことでキッチンの独立性を持たせることも可能です。また、リビングとダイニングキッチンに間仕切りできる仕切りを設けることで、来客が多い家などでは、家族との共存も可能になります。 リビングの内装は、できるだけ奇抜な色使いはやめてやさしい雰囲気を作り出すように工夫しましょう。さらに、夜の使用も長く、広さも大きいので省エネタイプの照明器具にすると電気代の節約になりますので、多少金額が高くても検討してみる価値はありますよ。

check

栃木で家族と引越しの相談

Last update:2017/6/5

copyright (c) 2008 エコ楽住宅. All rights reserved.